おしごと発見T-SITEを使ってみて色々思ったことを書いていく

おれは、中小企業を経営している30代の男です。

TSUTAYAが運営しているお仕事発見T-SITEという求人情報サイトで求人してみた感想や体験談を書いていこうと思います。

2015年12月

おれの仕事は掃除屋さんだ。基本的に薄利多売で労働集約型の儲からない商売をやっている。

12月は師走という事もあって、掃除屋は大忙しなのだ。ほぼ毎日朝から晩まで仕事をしている。最悪な時(嬉しい悲鳴)は深夜まで仕事があったりする。

しかし、忙しいだけでちっとも儲からない。

正直何回もやめようと思ったことさえあった。

その度に「おれにはこの仕事しかないんだ」と言い聞かせ歯を食いしばって仕事をしてきた。

掃除業界はバブル時と比べ単価が半分に減っているらしい。

これは、おれが独立する前に勤めていた会社の社長に聞いたことだ。

おれが独立したいと社長に言った時も、社長はこの業界に未来はねーよ。

業界全体が疲弊してきてる。働く若いやつもいねーし、爺婆しかやりたがらない仕事だよ。

うちでロクな給料も出せないから、お前が独立したい気持ちもわかるが未来がないやめておけ。

そんな言い方をして、おれが独立するのを止めていた。

実際、社長の言い分もよくわかった。

掃除屋は、平均労働年齢が40代を超えている。

日常清掃(掃除のおばちゃん)の派遣は定年して働き口がない人を安く使って何とかやりくりしている。(時給700円とか)

はっきり言ってド級のブラック企業だろう。

社長になっても従業員時代の給料とさほど変わるとも思えなかったが(むしろ落ちる)独立して自分の力だけでやってみたいという気持ちが強かった。

何回か社長とやりとりしているうちに、ついに社長は折れてくれた。

それだけじゃなく、うちの下請けになれとまで言ってくれた。

社長も若い頃、一人で独立して苦労したらしい。

最初は仕事もなかったので、アルバイトと併用していたという話は勤めていた時から何回も聞かされたものだ。

そんな自分と被ったのだろうか。

下請けとして入れれば、裕福な生活は望めないが、食えないという事にはならないだろうと言ってくれた。

実際、食えないという程ではないが、生活は厳しかった。

正社員の時代と比べるとお金が安定しない。

分かっていたことではあるが、実際にやってみると結構辛かったりする。

おれは一生懸命営業をした。

やった事もない営業だったが誠実に対応していると、少しずつではあるがお客さんが増えてきた。

ある程度収入の見込みが経つと従業員の募集をしなければいけなくなった。

今までは定期清掃を中心に仕事を取ってきたので一人親方でも問題なかったが、お客さんから日常清掃もやってくれと頼まれ掃除のおばちゃんになりたい人を求人誌で募集してみた。

※清掃業には日常清掃と定期清掃という二つの清掃があります。

定期清掃を説明すると、床清掃をしてワックスをかけたり、高層ビルのガラス清掃などをしていた。一人で出来ないものは知り合いに頼んで応援に来てもらったりしていた。

 

実際に求人誌で募集をしてみると、ビックリするぐらい人が来ない・・・。

お金がなかったので、2万円ぐらいの一番小さい枠で募集をかけていたのが問題かもしれないと営業さんに言われたので、今度はもう一つ大きな5万円の枠で募集をかけてみた。

そうしたら、一人やりたいという人が現れてくれた。

一安心だった。

正直、このまま一人も来ないんじゃないかって怖さもあった。

すぐに採用した。

しかし、合計4人集めなければシフトが回らなかったので、再度募集をかけることにした。

 

この後が地獄だった・・・。

 

なんと5回も募集をかけて一人も来てくれなかった・・・。

 

よく考えれば、お客さんがおばちゃんの募集をしたほうが、掃除屋にお願いするよりも中間マージンが取られないで済むのだから、安くなるに決まっている。

それでも、掃除屋にお願いしてきたという事は人が集まらないから代わりにやらせたほうが楽だし、安く済むという目算だったのだろう。

心の中で、「そりゃ掃除屋さんに掃除のおばちゃんの面倒を見させるよな・・・。」と思った。

 

おれは、お客さんが望んでいる事に答えようという気持ちしかなかったので、そういう裏があるとは気が付けなかった。

はめられた。

そんな気分になってしまった。

 

結局、60万円もかけて4人集まったが、人は辞めてしまうので、辞める度に人の募集をしなければならなかった。

利益なんぞ全くでない。

こんな仕事やめたいと思っていたが、定期清掃では大口のお客さんだったので文句が言えなかった。この仕事が無くなると生活が厳しかった。

おれは、もっと安く人を集める方法がないだろうかと探し回ってみた結果、TSUTAYAがやっている求人情報サイトに目が止まった。

元々Tカードの会員だった俺はキャンペーン目当てでTサイトというTカードの会員サイトをよく見ていた。

※完全に貧乏癖が付いていたので、キャンペーンなどに弱かった・・・。

そこに、お仕事発見T-SITEの広告が載っていたので興味本位でクリックしてみた。

書かれていた内容は、求人サイトに掲載する料金が月々5000円で載せ放題という内容だった。

3か月に一回は求人をかけていた俺には安すぎる!と感じた。

試しに求人を出してみようと思い、すぐに手続きをしてみた。

1日で掲載が完了すると書いてある通り、手続きはすぐに終わり

掲載内容を確認してみると、一番上に掲載されていて嬉しくなった。

あまり期待していなかったが、掲載してみると意外と問い合わせが来るので驚いた。

月二人は問い合わせが来て面接することができた。

嬉しい誤算である。

今まで掲載していた求人誌に広告を載せることはなくなった。

お仕事発見T-SITEから来る人は若い人が多い。

掃除屋は年齢層が高いので、これも驚いた。

主婦が一番多いが学生さんもやりたいという人がいるのでビックリしてしまう。

学生なのに掃除屋で良いのだろうかと心配する。

もっと楽しそうな仕事がありそうなものだけど良いの?と聞くと、僕は黙々と仕事をするのが好きなので・・・。という返答が来た。

そのまま採用にして、実際に業務に付いてもらうと、やはり若さは凄い。

人によるとは思うが、物事の覚える速度や作業量が良いのだ。

あと年下なので扱いやすいというのもあったと思う。

正直かわいい子分状態になっている。

話を戻すが、求人広告を変えるだけで、赤字の仕事が黒字になり、業務効率も上がり、かわいい子分(笑)までついてくるとは思っていなかった。

年間の求人費が40万も掛かっていたのが、6万円で済むのだからこんなに助かる話はない。

個人的には絶対掲載して損はないサイトだと思う。

これから、掲載しようか悩んでいる人がいたら絶対やっとけ!損はないぞ!


お仕事発見T-siteというTSUTAYAの求人情報サイトの体験談を書いてます。